昔々、100年以上も前のこと。 
 
夜な夜なトイレの中から手を出しては  この家に住んでいた綺麗な嫁さんの尻を ペタンペタンと‘触るもの’があったとか。 
 
ある晩、これに怒った家の主人が、嫁さん の身なりをして女トイレに入ってみると やはり ペタンペタン と尻を触られた。 
 
とっさに‘触るもの’を掴んでみると なん とそれは’かっぱの腕’だったという。 腕をとられたカッパは泣く泣く主人に許し を乞うた。 
 
かっぱ亭は、そんな白馬村に代々伝わる民 話に出てくる古民家を改装した大出集落の お休み処です。 
 
さぁ あなたのところにも かっぱ が会いに やってくるかもしれませんよ。。